2011年10月17日

第23&24回目(2011年)バア浜セルフダイビング 8時だよ!全員集合編

8時集合はちょっと早いか?

ばあ浜フリークの皆さん、こんにちは!ジョニーです☆

DSC_1973


もうそろそろ青い海になってもイイんじゃないか?

のバー浜に

各地からいっぱい集まって、

賑やかで楽しいビーチダイビングの2日間
となりました♪

近畿

こうして見ると、京都のリョウさん遠っ!!

もしかして、片道600kmくらいありますか?

それでも、近畿・岡山組は元気MAXです♪

DSC_2081
DSC_1986





機材洗いも楽しくなくっちゃ(*^_^*)

DSC_1868

ちょっと逮捕されそうですが、

今回も宿泊は安満地の吉田渡船さん

ここら辺のニャースも、めっちゃ人なつっこくて癒される

かわうぃーーーねーー♪

DSC_1899



お楽しみは、やっぱり夜ごはん!

お魚の煮付け、お母ちゃん味

DSC_1942


伊勢エビのお刺身

DSC_1950


伊勢エビ鍋

DSC_1948

ほっぺがすっかり、イイ色ですね!

DSC_0918

ネジリンボウの赤いホッペとそっくりです(笑
 

吉田渡船のお母さん、初登場!

DSC_1953

お話も面白くて最高です♪

とってもくつろげるので、皆さんもぜひ宿泊してみてください。

DSC_1567

渡船・旅館の「吉田渡船」

高知県幡多郡大月町大字安満地250−2

TEL0880−77−1423



翌日は、うどん県のHさんチームと合流

連日、賑やかで嬉しいです♪

宿毛湾はバー浜

<四国は高知県→足摺方面→大月町→(龍ヶ迫)竜ヶ迫(たつがさこ)白崎 (柏島の少し手前)>

DSC_1965
DSC_1970



肝心の海はというと

うーん!見た感じは、イイ時の色

青い!

DSC_2000


体験ダイビングの人たちもおられましたが

超ラッキーです

先週までドロドロでしたから。

DSC_2046


浅場は透視度10mくらい?

深場は15m

とっても晴れてたおかげもあって、水深30mでも明るい


そして良く見える!

水温は平均25.6度です。





左方面、見学ルート順のコース案内も含めていきます!


エントリーしてから300度に進んで、人工突起物のある岩場をぬけます。


一応、シュノーケルゾーンでキンギョハナダイが見られます

DSC_0985


途中ソフトコーラルにウミウサギ

(ジョニー水槽にウミウサギ入れたことがあるんですが

 ソフトコーラル食うとは知らず、水槽内を随分食い荒らされました(笑))

PA150010



そして深度を落として、ハタタテゾーンへ

今回の目玉は、左方面のハタタテハゼ&ケラマハナダイゾーンが

テンジクダイの群れで、竜宮城みたいになってます。

DSC_0845

PA150001

PA160031


赤いユカタハタもいて、なんだかイイコントラストになってまして

PA150003


1本この群れの中でボーッとしてても良い感じです。


群れがすごすぎて、ハタタテハゼを探すのがたいへん。

なかなか見つかりませんでした。

DSC_0871


アカオビも群れにかさなって、なかなか撮れない状態

DSC_0990



ここから、ぐーんと深度をさげて

いつものジョーフィッシュお父ちゃん

DSC_0891


お母ちゃんは、閉店中でした

DSC_0892


おっと新しいジョーの穴!

って思ったら、住んでいたのはシャコ

DSC_0894

君、この穴ジョー君の横取りしてませんか?



さらに潜っていくと、

でっかいカワヨウジがヌボーっとしてました。

DSC_0876


PA150005


さらにさらに深度を落としていくと

いやー深場が明るい!

めちゃめちゃ良く見えます。

きょうはイケル!と思って

キツネメネジリンボウ

DSC_1014

カワウィー♪♪♪

こっち向いてくれないかなっと粘ったけど

ん〜時間切れ

ホタテツノハゼは、はずしました。



急ぎ気味に深度をあげて

久しぶりにハナキンチャクフグ撮ってみます

DSC_0940



そんなことをしてて、目に入ってきたのが

1m級のワニゴチ

PA150019

デカ!

DSC_0929

目が面白いですよね〜

アップ

DSC_0929-2

「虹彩皮膜」というそうです。

詳しいことはコチラを参照してください

不思議というか、ずーっとみてると、なんか魅力的に見えてきました。

そんな自分も不思議です(笑


そして、さらに深度を上げながら砂地へ移動すると

ほぼウロウロしているウミテングに会います

DSC_1037



ハタタテネジリンボウがハゼゾーンのちょっと深めにいて

DSC_1031



次にネジリンボウが増えだします

DSC_0912


で、今回衝撃シーンを目撃しまして

この写真もそうですが、穴が深く掘られているじゃないですか?


これって、どうしてなんだろうな?って思ってたんですが

理由がわかったんです。

コレ

PA150008

コロダイがネジリンボウ食ってるーー!

・・・ショック・・・・  (>_<)


ガブっ!っと、砂ごとね、ごっそり食いつきます。

もう、バクバクいってます。


いっつもボーっとしているコロダイしか知らなかったので

衝撃的かつショック

あんまりネジリンボウ喰わないください・・・・




ゆっくりと砂地を9mあたりまで登ってきたら

ゴロタゾーンへむかって、ぐんぐん深度を上げます。

シコロサンゴゾーンを目指します。



そんなに撮るものでもないけど

ウツボオトヒメエビがえらくかまえてて、

なんだか迫力があったので

DSC_0943



まだ白カエルアンコウおります。

きょうは5mに移動

DSC_0951


手というか、胸びれ?

が、シェっ!てなってておかしかった(^_^)

DSC_0983



シコロサンゴゾーンでまったりと、デコ窒素ぬき

PA160026
PA160037



以上、左方面のコース取りは、こんな感じです。




右方面は、基本的にいってこいで、

まっすぐ行って、まっすぐ帰ってきます。


ジョニー的に今回の一番ヒットはコレ

ホシテンスYG

DSC_1052

ボケーっとユラユラ、ユラユラしてました。

あっという間にすぐ砂に潜ってしまうので

なかなか撮らせてくれない君です。


寄り切ることはできなかったけど、納められて嬉しい♪


毎週、まだいるかな??

と、ドキドキ心配な、

ミジンベニハゼカップル

まだいる(^_^)

DSC_1077

今週はビンが半分埋まってました。


DSC_1086

お腹がオレンジから、血管色になってます。


ちっちゃくて、チョロチョロして、かわいいミジン君にむらがる

オヤジ達

PA160041




リョウさんチーム、Hさんチーム

ありがとうございました!

とってもとっても楽しい2日間でした♪


最近、独りぼっちで寂しくないので嬉しいです(笑



DSC_2079


さー今週も海が綺麗でいてくれますように(^_^)

水中マップ
FACEBOOKに掲載してますので、お気軽にご連絡ください。

お会いできました方のみお友達申請OKです♪

(どなたか分からない場合もあるので、申請と合わせて
 メッセージいただけると助かります)

オリジナル水中マップ



バー浜への行き方はコチラです。

 



ジョニーに激写された方で、写真が欲しい方

送りますのでお知らせください♪



    • 10 Comment |
    • 0 Trackback |
2011年10月11日

2011年 第21日目&22日目バー浜セルフダイビング 九州は大分県の方が近い?

うすうす気づいていてはいたんですが、

ジョニーが毎週、うどん県は高松から通っております、ばぁ浜。



改めてマップを見てみますと、海を挟んではいるけども

妙に近い場所がありますね?

フェリー

はい、九州は大分県の佐伯港からフェリーで宿毛港に渡れば 

随分とバア浜が近いのです!

宿毛フェリーによると

フェリーの所用時間は3時間10分

宿毛港からバー浜までは、30分もあれば到着できます。


高松からですと片道300km、休憩なしで快調に少し飛ばし気味で4時間チョイ

ジョニーペースだと、4時間半〜5時間かかります。


オーっ! 九州からの方が近いぞ(^_^;)

まー単純には比較できないけども、

大分県のダイバーの皆さんもぜひいらしてください♪

運転時間が短くて済むのは確実なようです。


逆に、大分県に良いビーチダイビングポイントありませんか?




という事で、今週もやってまいりました宿毛湾はバァ浜です。

 <四国は高知県→足摺方面→大月町→(龍ヶ迫)竜ヶ迫白崎 (柏島の少し手前)>


せっかくの連休なので、宿泊ありの日曜日&月曜日と潜らせていただきました。



今日こそは、透明度いいかな?

丁度、昨年の10月10日は、バー浜30m抜けした日です。

PA090034

 と期待しましたが

 なーんと、ドーロドロ & 深い方面、お先真っ暗

暗い、暗すぎる・・・

PA090024

先週のミドリ色にプラスして、浮遊ブツ多数で、これぞニゴニゴ のお手本

いつもは、深場に行けば、少し透視度良くなったりするのですが

今回は、どこえ行っても密度の濃いニゴニゴ加減でした。



平均水温は日曜日、月曜日共に25度チョイ

まだ5ミリウェットスーツで大丈夫です

(1年前は26.7度でしたから随分違ってます)



そして、今回は深場のハゼゾーン探索というミッションを持ってたのですが

水深30m近辺は、暗すぎてハゼなんて全く見えません・・・

 
カメラに付けている強力目なLEDライトをオンにしても、ん〜〜暗すぎる

すっかりお蔵入りしているダークバスターを、ちゃんと準備しておかないと

いけないなと思いました。



もーしょうがないので、

こんな時は、アレですよね

ナマコころころ 

あっちもコロコロ、こっちもコロコロ、ナマコ全部コロコロ


ナマコマルガザミ登場♪

DSC_0640


DSC_0422



マンジュウヒトデもコロコロ

でかいからゴロゴロ?

すると、これ何エビでしたか?

DSC_0730


あ”〜チョロチョロ隠れまわるので、撮影するの大変ですね!

イーーーってなりながらも、

コロコロすると濁った海も楽しめます(^_^)


まー自由に粘れるセルフダイビングですから、ひたすらコロコロします。

コロコロされたナマコとマンジュウヒトデさん達

えらく迷惑でしたね、ゴメン(笑


コロコロ疲れてビーチへ戻っていく途中

おっ!白カエルアンコウ、まだこの辺におりました!

水深4mまで上がってきてました。

DSC_0505


白くて目立つせいでしょうか?

うまく食事をとれていないようで、腹ぺこの様子。


疑似餌をブンブン

がんばって振っております。

DSC_0516

DSC_0514

DSC_0513

DSC_0492

めっちゃブンブン振ってがんばってるんだけど

目立ち過ぎだよね? そのボディーカラーは・・・

ほんとは、石の色になりたいのかな?

エサが食べられたか、かなり心配です(^_^;)


いた場所はココです。

白カエル



ウミウシ見つかりました。

サキシマミノウミウシ

DSC_0580



キイロハナガサウミウシ

DSC_0697

白いシロハナガサウミウシも綺麗だけど、この色もうっとりです。



あけて月曜日は、深場の浮遊ブツがこましになりまして

ちょっと探索する気が出てきました!

DSC_1788



ミジンベニハゼのミジン君は、

とうとう残すところ2匹まで減ってます。

いつもの定点カメラによりますと

PA100039

はい、ビンの中にいる2匹だけ

缶のミジンくんは、消えてしまいました。



ちなみに、缶の横から顔をだしているのは

PA100041

ま、まさか!

イレズミヘビさん、
ミジン君食べましたか?


DSC_0753


まーどっちにしろ、バー浜のミジンベニハゼはこの頃になると

一斉に消えだすので、そろそろ見納めです。

お早めにかわいらしさを満喫してください♪



では、出てきてください(照明ライトON)

DSC_0770

DSC_0756

DSC_0769

おーきたきた(*^_^*)



きょうはちょっと、上目から撮らせてもらうよ!

DSC_0807

もうじき居なくなっちゃうと思うと、写真撮影しながら

ちょっと切なく、悲しくなっちゃいました。



ジョーフィッシュは、今回なかなか正面から寄らせてくれませんでした。

お父ちゃんジョーは、このくらいで引っ込んじゃいます。

DSC_0634



サイドからなら、フォーカス距離ギリギリまで許してくれるんですが・・・

かわいいひょうきん顔に写らないですよね、、、

DSC_0627


いつもは結構図太い、ヤングジョーも、このくらいが限界でした

DSC_0608

今回は、近くでかわいいカエル顔が撮れなくて残念です。



今週、一番元気に動いてたのはウミテングかな?

DSC_0451



引っ込むのがめちゃ早いオニハゼは、少し長めに撮らせてくれました。

DSC_0440

大きくなると、背びれがすごく伸びるんですね

DSC_0447



逆にネジリンボウが、引っ込み気味だったんですが

オスの背びれの美しさにウットリ♪

DSC_0686

もっと綺麗に撮りたいと思って、超ホフクゼンシンしておりましたら

突然ピュっと引っこんじゃいました

え! なぜ? と思って、カメラのファインダーから顔を上げてみると



じーっと睨まれてます

DSC_0691

タコ!

タコがドビューンと飛んできれ、ネジリンボウを引っ込めちゃいました


そして、またあの恐怖に襲われることになるのです。

そう、あのでっかい黒カエルアンコウに狙われた時と同じです。


じーっと睨まれながら、

こっちへジリジリ近寄ってきます。

えーーーーっ

DSC_0692

なんか怖えーーー!


あの時と同じく、指示棒でシッシッってやったんですが

効果なし


こ、こいつも確信犯か!?


ジリジリジリジリ、近寄ってきます。

ガンガン泳いでこられるのも怖いですが

ジリジリ来るのも怖い!!


今回は、背中を見せるのも怖い!

背中を見せた途端、ひっつかれそうだ・・・


こうなったらと、

水中カメラでオリャ!ってやったら、ドピューンって逃げていきました。

どうやらまた、僕は岩と間違われたのでしょうか??


そんなに俺は岩みたいなのか?

ちょっと痩せようぜジョニー  (^_^;)

って事か?



そんなこんなで、深場ハゼゾーンも探索できまして

キツネメネジリンボウには再会できませんでしたが

ずーっと探しておりました

ホタテツノハゼ

おりました!

DSC_0652

ぜんぜん、寄り切れなかったですが、なんとか写真撮れました。


まーなんせ暗い上に、ライトも控えて点けてなかったので

シルエットだけで、きっとホタテツノハゼだ!!

と写真撮ったのが精一杯な感じです(^_^)



という事で、左方面の水中マップを最新に更新しました。

FACEBOOKに掲載してますので、お気軽にご連絡ください。

オリジナル水中マップ



バー浜への行き方はコチラです。




今回のバー浜では、

海底奉行さんとお初にお目にかかれまして、

I崎さんと再開させていただけました。

いろいろお話できて楽しかったです。

ありがとうございます☆

いつか、バー浜つながりで、宴会できるといいですね!


底奉行さんのブログ楽しいです☆

(沖縄でのセルフダイビングも満喫されています)


I崎さんの奥様から毎度

「主人に火を付けたのはあなた」と爆笑させていただいています。

一生言われそうです(笑



今週は、また土曜・日曜と2日間の予定で

土曜は京都リョウさんチームと合流させていただき

吉田渡船宴会


日曜日はHさんチームも合流です。

楽しみです☆

よろしくお願いします(^_^)


柏島・安満地方面、透明度が回復してきているので

今週末こそは期待してます!




    • 6 Comment |
    • 0 Trackback |
2011年10月03日

第20回ミラクルばあ浜セルフダイビング♪ 猛烈にグリーンすぎる海凹編


ばあ浜ファミリーの皆さん、こんにちは♪

きょうも楽しく過ごさせていただけました。

ビーチでお会いできました皆さん、声をかけていただいた皆さん、ありがとうございました! 



きっと抜けていると思ってやってきました宿毛湾のバー浜です。

 <四国は高知県→足摺方面→大月町→(龍ヶ迫)竜ヶ迫白崎 (柏島の少し手前)>



今回は、場所のご案内ついでにバー浜含め、ジョニーが探索して潜ってみたポイントマップです。

赤丸のところです。


セルフダイビングビギナーの方は、須ノ川ビーチが浅めで、サンゴもりもりで綺麗でオススメです。

(めずらしい生き物は、ほとんどいませんが、トロピカルな海中景色は満天です)

須ノ川ビーチの様子

宿毛湾2

(人から直接教わったポイントは、諸事情があり載せてません)

とにかくセルフダイビングできるポイント情報を教えてくれる人はほぼ皆無ですので

「ビーチポイントの探し方」でご紹介しているように

リサーチして、海岸線をしらみつぶしに見て回って、潜ってみて

という感じで、ポイント開拓してきました。



ジョニーとしては、全面公開しますので、興味があるポイントがあったらご連絡ください。

海は、皆で気持ち良く♪ 仲良く♪ 共有しましょうね(^_^)




今回のバー浜は、コスモスも咲いてすっかり秋の形式

DSC_1704






くもり空で、寒い寒い!という声も聞こえだしました。

ビーチの景色も、曇りだとちょっと寒々しいです。

DSC_1698








水温は平均26.6度と、5ミリで暖かいです。

曇りだと、エグジットしてから寒いですよね。


晴れてれば、まだまだ快適なのですが、今回のように曇りの時は

もうボートコートあった方が良いと思います。


それと、温かい飲み物もそろそろ必要でしょう♪
 





そして海の中は、ドド濁ってました(笑

では、えらくミドリ色な、ミジン君の状況報告から・・・・

PA020015

あまりのミドリ加減に、笑えると思いますが、、、、

先週の写真と比べて見てください



ミジンベニハゼ君達の配置はかわりないですが

またまた!

ビンは方向を変えておりました。

なぜこんなに、くるくる向きが変わるのか謎です。

(最初の頃はビン埋まってたのにね)







ビンのカップルは元気そうに見えるけど

一匹が白点病になってるかもしれません。

DSC_0390












今回はどうしてもカップル同時に撮れませんでした。

いつも奥にいる君です。

DSC_0268










カンのミジン君は、カンから大いに出て出張してました。

砂地のミジン君です。

DSC_0360










発声練習中みたいな?

DSC_0307









ふと思ったんですが、ミジンって吸盤もってるのですか?

と逆さまのミジン君

DSC_0276

 




★ミジンベニハゼを撮影するのにちょっとTIPS

 ライトを当てると、出てこないんじゃないか?と思ってしまいますが
 ミジンベニハゼは、明るいライトを当てた方が良くでてきます。
 たぶんエサの関係だと思います。
 お試しください(^_^)





とにかく、今回はドド濁りだったので、いつも濁りの強い右方面は

あまり行きたくないなと思いつつ、やはりミジン君の状況確認しなければと

訪れてみたわけですが、そんな時に遭遇した

意外と面白かったのが

ミドリ色の海と、青色の海の境目



左を見るとミドリ色  右を見ると青色という、境目の場所がありました。

PA020021
 
実際に見ると、見事な境目が面白かったです!

すごいなー!としばらく観察してしまいました。








左方面は、深場は少し透視度マシでした

ノコギリウニが集会してました

PA020011










行方不明だったヤングジョーが一つおりました!

DSC_0179











深場の方のハタタテネジリンボウ

ちょっとこっち目線が嬉しいです♪

DSC_0194

「日本のハゼ」という本の解説だと、生息水深30m〜55mとあるので

この場所のハタタテハゼがノーマルでしょうか?

ここバァ浜では、水深14m程の浅いハゼゾーンでも見ることができます。










とにかく濁っているので、ゆっくりじぃーーっと海底を探索しておりましたら

久しぶりに会えました、キツネメネジリンボウ

かわえ〜♪

えらく濁ってたおかげです(^o^)

DSC_0202

 
他の地域でも少数観察されることはありますが、ここ大月町(柏島)の特有種に近いものがあります。

他のハゼに比べて、ひょうきんな顔とスタイルに思えて好きです♪








キツネメネジリンボウの場所を計測しておきましたので

左マップ更新しました。

L_MAP









新しく潜られる方用に、右マップ更新しました。

R_MAP




 



今回のミドリ色な海は、昨年の超抜けた時の翌週にそっくり。

もう永遠ミドリだったりして?

いやいや、次週は抜けていますように!

秋のバァ浜でした。

DSC_1718
 
次回のミッション:

この猫じゃらしで、バア浜のマスコット猫をじゃらしてみる(^_^)






(もし新発見生物ポイントありましたら、ぜひお知らせください)





バー浜への行き方

10月になると、めっきり人が少なくなって、10月末頃だと独りぼっちなことが多いです。

まだまだ海の中は暖かいですから、ぜひいらしてください♪



    • 2 Comment |
    • 0 Trackback |
2011年09月26日

第19回バァ浜セルフダイビング♪ レアなケース編

バァ浜オタクの皆さんこんにちは!

今週もきっちり通勤してまいりました、宿毛湾はバー浜です。

<四国は高知県→足摺方面→大月町→(龍ヶ迫)竜ヶ迫白崎 (柏島の少し手前)>



 ご近所の柏島や安満地がドド濁りなので、バー浜もダメやわと

あきらめつつやってきましたが、先に潜ってましたダイバーさん曰く

「きょうは綺麗ですよ!」

「うそ!?」と信じられないような嬉しいお知らせ。

バァ浜の海は、水がピッカピッカしてました。 

P9250035
 

帰りにいつもの安満地でトークしたところによりますと

柏島方面濁ってても、バー浜の方が抜けていることもあるそうです。

黒潮が湾沿いに回り込んで入ってくるパターンがあるとのこと。 

こんな感じ? (アホみたいな図でほんますんません)

宿毛湾

本日は場所時間にもよりますが、MAX20mは透視度ありました。

うれしかったです(^o^)

どんどん黒潮よってきてほしいですね! 


最近1本目に右方面へ行くことが多いのですが

ロープのシャンデリアに向かうまで、ずーっとキビナゴの群れが歓迎してくれました。

P9250018

なんとも砂地をプカプカ進むのが気持ち良い!

おっとデータ忘れてました。

平均水温26.5度と落ちてきてます。

ジョニーもとうとう、おニューの5ミリに衣替えしました。 

5ミリのウェットスーツで、ばっちりヌクヌクOKです。



今回はせっかく景色が撮れる状態だったので

右方面の仕掛け残骸ロープの様子

P9250023

太いロープにはソフトコーラルがびっしりついてます。

P9250030
 

この辺の砂地って、突如かわったものが出現するんですが

コレなんでしょうか?

P9250010

けっこう早く這い歩きしてまして、ツノみたいな触角あり

茶色です。

お尻の方は、ズバっと切り落とされたような感じです。

そして、穴があります。

P9250014

アメフラシとかウミウシとかの一種ですか?

なんか、、、、キモかわいかったです(笑



こちらは、エイの子供

DSC_0018




そして、期間限定、恒例のミジン君ですが

P9250016

ビンがずいぶん転がって向きもかわってます。

真ん中の缶から1匹ひっこしたようで、ただ今のビンはカップル在住

そして、遠くの缶に1匹です。



そして、やっとカップルで撮影させてもらえました!

DSC_0034

おっ、出てきてくれました。

かわええなー萌え♪

DSC_0044

狭い中ありがとう(^o^)



こちらは缶のミジンベニハゼくん

あいかわらず、遠い目をしてクールに決めております。

DSC_0073

 10月中まだ居てくれるかな?

 


左方面ですが、最近はシコロサンゴゾーンを越えて癒されながら

ハタタテハゼまで抜けるコースとりがお気に入りです。

P9250062

スズメダイの乱舞もとっても綺麗でした♪

P9250070



そしてご報告と訂正

先日、ハタタテハゼがちょっとボロボロとお伝えしましたが

いつものカップル達ではなくて、別個体だったようです。

今回、デップリプリップリの綺麗なハタタテハゼのカップル確認できました。

DSC_0127



寝てるアンカーからの角度を測っておいたので、皆さん見に行ってあげてください。

アンカーから165度に向かって上がって、水深15.5m程です。

左方面マップ更新です。

L_MAP




いつものジョーフィッシュは、

おかあちゃん、写真撮られるの妨害中

貝殻?がじゃまですw

DSC_0145

 
お父ちゃんは、口内保育確認できずでした。

DSC_0157
 



そして、砂浜ネジリンボウゾーンを通って帰りますが

デップリ太ったネジリンボウばかりの中

ちっこいのがおりました。

DSC_0161

なんでもチッコイのはカワイイです(^_^;)



コロダイが砂地でボーっとしてましたら

透明で綺麗なオドリカクレエビが、でっかいコロダイを掃除しているので観察してみてください。

DSC_0163
 


イレズミウミヘビがいつもより浅い角度で潜っているような?

DSC_0166
 


さて次回は、もう10月ですね!

自分がバア浜を潜れるのも今年あと5回くらい?

また日曜に訪問予定です(^o^)




    • 10 Comment |
    • 0 Trackback |
2011年09月20日

第17回と第18回バー浜セルフダイビング連休は皆で集合編♪

秋の連休、第一弾は、

みんなでバァ浜に大集合♪

 しかし、秋と言うには暑い上に、二つの台風に挟まれるという苦境・・・


しかし、しかし、いつもミラクルなお天気となるバア浜ですから

ジョニー的には、潜れる!とふみました。

さらに、晴れるかも!? と思っておりましたら

DSC_1561

うんうん、晴れてる♪ イイじゃないですか!

まー途中、晴れてるのに、雨がザザッと降ったりする不思議な感じでしたが


波なし

うねり少々

水温28度

透明度AM15m


と、普通に良いコンディションの宿毛湾はバー浜(バァ浜)です。


まずは、京都からお越しのリョウさんのセクシーポーズその,ら(^_^) くつろぎ中ですw

DSC_1563


初日、2本ともジョニーは右方面です。

マップ更新してます!

R_MAP


ただいま注目のミジン君に行く方法ですが

ロープのシャンデリアの間を、橋渡ししているようなロープがあります。

マップにオレンジ色で線入れました。(だいたいですが)

一番浅い方からアプローチして、橋渡しのロープを見つけたら

「あみだくじ」のように、進んでいくと、ミジン君に到達するロープまで

行き当たることができます。

お試しください♪


本日のミジン君は・・・・

P9180008

1匹づつ、それぞれビン、カン、カンと個室状態で住んでまして

またまたフォーメーションチェンジです。



ビンのガラス越しミジンくん、セクシーショット?w

DSC_9783



最近、ビンのミジン君が撮るのに面白くてお気に入りです

DSC_9799



カン君も

DSC_9879



このミジン君にいく途中に、こないだジョニーを住みかにしょうとした??

黒いカエルアンコウおりました。

ぜったいコイツです。

P9180007

マップに記載したので、よかったら探してみてください。



それとこの近くにウミウシカクレエビがいそうなウミウシがおりまして

コロコロしたら、あっ、いました。

DSC_9847

でも、すっごく逃げるヤツで、ぜんぜん寄らせてくれず

根気負けです(^_^;)





アカオビハナダイは、ここ最近出し惜しみでしょうか?

DSC_9818







リョウさんが、白いというか、薄ピンクというか

なんだかちょっとカワイイ目なカエルアンコウを発見してくれました。

P9180013

良く見つけましたね!!

ちなみに、昨年も右方面でクマドリカエルアンコウを見つけてくれました。

もしかして、カエルアンコウマスターですか??(^_^)





今回の宿泊は「吉田渡船」さんです。

DSC_1567

皆さん、充実の宴会ありがとうございました♪

とっても楽しかったです。

それと、ダバダをバァ浜に届けてくれました、土居さん

美味しいダバダ堪能させてもらいました。

ありがとうございました!(^_^)




翌朝の空は、超快晴♪♪♪

嬉しいので、リョウさんもセクシーショットその■ww

DSC_1581



今日は皆さん、柏島の後ろ浜へGO

ジョニーはわかれて、またバァ浜です。

朝日に照らされた青い海が綺麗です。

DSC_1586

この日は「Iさんファミリー」とお知り合いになれました。

ご家族でセルフダイビングできるって、いいですね!

これからも、よろしくお願いしますm(_ _)m




海の中は、AM濁り気味でしたが、昼頃にはずいぶんと抜けだしました。

深場はかなり気持ち良かったです。

(白濁りはありましたが)



昨日教えてもらった、白色カエルアンコウをもう一回見にいきましたら。

いなーい!

ざーんねん・・・・と思ってたら

P9190031

隠れてたソフトコーラルから、ずいぶんと上へ移動

P9190032

こんなところで、ふんばってました。

お腹がすいてるのかな?

もうちょい上にいくと、ご飯がいっぱいいるから、がんばれ!白カエル君
↓↓↓↓↓

P9190044




ジョーフィッシュの父が、また口内保育中です

DSC_9830


で、ジュニア達は、皆いなくなっちゃいました。


左方面マップ更新してます。

L_MAP


ニュースは、仕掛けられてた大きな四角カゴが無くなりました!



そうそう、宿泊先で他のダイバーさんが、綺麗なオキゴンベの正面写真を見せてくれました。

ジョニーもちょっと挑戦。

DSC_9866

真正面!(^o^)


と、この近くに、お刺身状態のお魚が

DSC_9886

誰が、噛みついたんでしょうね?

幅15センチくらいの歯形のようです。

それでもしっかり泳いでました。

ガンバ



今週もありがとうバァ浜

<四国は高知県→足摺方面→大月町→(龍ヶ迫)竜ヶ迫白崎 (柏島の少し手前)>

バー浜地理

また大集合しましょう(^o^)

皆さんありがとうございました☆

とっても楽しい連休になりました!






    • 8 Comment |
    • 0 Trackback |
2011年09月12日

第16回バー浜セルフダイビング→激動

恒例の日曜セルフダイビングですが、先週は台風で中止にしたため

平日の火曜日水曜日と潜ったわけですが、それからわずか3日間空けて

また日曜日にやってきました。

宿毛湾はバー浜(バァ浜)です。

<四国は高知県→足摺方面→大月町→(龍ヶ迫)竜ヶ迫白崎 (柏島の少し手前)>

バー浜地理
 
このたった3日間だというのに、

行方不明となった海のアイドル多数・・・

詳細は後ほど。

 ビーチの景色は、相変わらずこの時期特有の南国のような青い海

P9110003
 
水温は4日前の26度から大きくかわって、きょうは28度! 嬉しい!

まだ3ミリウェットスーツで楽々ダイビングできています。

透視度は、1本目15m 2本目は急激に落ちて、7m




1本目透明度が比較的良いと聞きましたので、めずらしく最初から右方面へ潜りました。

それと、タンクに空気をキンキンに入れてくれてましたので、

80分ほど、あっちこっちウロウロ。

特に地形とか、あやふやな記憶部分を整理できました!

おかげで右方面マップ少し更新できてます。

R_MAP





右方面は、いつも濁りが強いので、ワイド写真もなかなか撮れません。

残骸ロープシャンデリアですが、こんな雰囲気で

ソフトコーラルが賑やかについてます。

P9110019

こんなのがずらーっと並んでるのですが、

丹念に見ていくと、カエルアンコウが良くついてます。



あとコロダイがよくボーっとしてたり。

P9110021


今回は大きなマダラトビエイもドピューン!と飛んでいきました。

かっこええー!(^o^)




で、実はミジン君に異変あり

P9110022

ビンと並んでました缶が砂に埋もれて、遠くのまた潰れた缶にお引っ越し?

そして缶の方は1匹だけになってしまいました。

DSC_9543



ビンの方はまだちゃんとペアでおりました。

DSC_9510



今回、右方面の岩場の位置関係を調べようと、うろうろしてたのですが

なんか、いっぱいビンとかペットボトルが立ってまして。

P9110024

ほとんどみんな蓋がしてあって、中に少しじゃりが入ってます。

おそらく船の上から落として、砂利の重みで立って落ちてるようですが

何か目的があるのだろうか?

謎!

土偶が並んでいるようで、なんか不気味(笑

一応、景色に変化あったのでご報告です。






右方面−14mのネジリンボウ

左方面とちがって、ちっちゃかわいいです。

DSC_9552


 

ちょっと余談ですが、セルフダインビングTIPSを一つ

ビーチエントリーする前に、ビーチに目立つ色の目印を置いておくと心強いです。

ジョニーの場合は、カメラを持ち運ぶ このケースを目立つ場所に置いておきます。

DSC_1428


これが意外と海から顔を出した時にイイ目印になって安心。

(バー浜の様子)

P9110055


なんちゃって遭難した時に覚えた技です(^_^;)

海から見た陸の景色って、どこも同じように見えてしまうんです。





さてさて、では左方面

こちらも激動

ジョーフィッシュ家出or引きこもり? です。

P9110050

左手前のお父ちゃんはいつも通り。
でも口内保育はしてませんでした。



で、すぐ側のお母ちゃんは、引きこもり中なのかな?

穴が埋まってます。


で、その先のもう一つが、

穴が完全に消滅してまして、家出でしょうか?


さらに先の若いジョーフィッシュは健在でした。

ちなみにこの写真から見た並びは、お父ちゃんから60度方向です。


特にお母ちゃんが心配です。


最近、ジョーフィッシュの撮り方をいろいろ試してるのだけど

前回の真上に引き続き、今回はできるだけ真正面をお試しです。

これはお父ちゃん。

joe

ジョーフィッシュって、けっこう目がよく動きまして、

目の動きで、随分印象がかわります。

ドヤ顔もできるんですね!?




こちらは、若いジョーフィッシュ

DSC_9680


視線で、こんなお茶目な表情にもなりますが、

DSC_9681


どうも、あまり寄りすぎずに、

こちらを凝視させるのが一番かわいいかも?

DSC_9630


でも、この距離だとストロボの光が厳しいので

次はアップで、こんな寄り目気味になってくれるか挑戦してみます。

真正面、寄り目の時がカエル顔になるんですね??



何週間か空いてしまいましたが、右方面15mのハタタテハゼのところに寄りました。

たまたまかもしれないのだけど、1匹しかおらず

尾びれがボロボロ

DSC_9596

襲われたのでしょうか?

居なくならないか心配です。

ちなみに、このハタタテハゼは、

この手前の石の間から狙う

撮影しやすいです。

P9110048

奥に大きい岩が見えます。



 ここ2回ほど見てなかった、テングウオが戻ってきました

DSC_9710


そしてすごいガングロのヤツ

DSC_9773


今回一番嬉しかったのが、ハタタテネジリンボウ

DSC_9770

いつもすぐ引っ込んでしまう率が高いのだけど

かなり長いこと撮らせてくれました。

ちびっ子くてかわいいです。


そうそう、自分的には普段目につかないのか、めずらしい

ノコギリハギもじっくり観察させてもらいました。

DSC_9693

フグに化けてるハギです。




ちなみに、↓こっちはフグです。
キンチャクフグ


海の生き物は面白いな〜〜♪


ジョーマップが変わったので、左方面マップ更新しました。

L_MAP



次週は、友人のご案内ダイブです。

海が綺麗だといいですね!


浅場、シコロサンゴの群生ゾーン

P9110037

マクロばかり追いかけず、たまにはトロピカルな気分で♪

P9110054

あと、このビーチを提供していただいている、おばあちゃんの続報です。

転けて具合を悪くされてますが、幸い骨は大丈夫とのこと。

リハビリ入院中で、あと3週間程で退院できるそうです。

ほんとに早く元気なお顔が見られるよう、祈っています。






    • 2 Comment |
    • 0 Trackback |
2011年09月08日

第15回バー浜セルフダイビング天国と地獄編

9月3日(土)or4日(日)で予定していたダイビング予定は

四国直撃!超鈍足の台風12号で お流れとなってしまいました。

久しぶりに同行したいという方がいらしたのですがキャンセルで残念です。


しかし、この時期に1週間以上、海のミネラルを吸収できないのは辛いもので、

次の週末まで我慢できずに、平日の宿毛湾 バァ浜訪問となりました。

いつもの、 四国は高知県→足摺方面→大月町→竜ヶ迫白崎@バー浜です。

今回は地図もご紹介しときます。

バー浜地理

四国は南西の端っこにあるダイビング天国です。

ジョニーの住みか、香川県からは車で片道4時間30分の場所です。




天気予報も良いし、ルンルンランランでやってきました。

(平日なのでちょっと後ろめたい気持ちはあります)


おばあちゃんは、お留守でしたので、駐車料金をココにおかしてもらって

DSC_1419

ダイバーはジョニー1人(素潜り漁の人が2人先客でおられました)



そして海は!?

DSC_1368

超青い!少し白波が立ってますが、南の国の色してます。

この火曜日、浅場は台風残影響で白濁りしてましたが

水深15m程から下は、透視度20m程の抜けの良さ

水温は26度前後で、少し海水の冷たさを感じましたが、3ミリウェットスーツでいけました。



「気持ちイイーー!」

あまりに気持ちよかたので、欲張ってですね、

急遽、現地で泊まってしまいました。



欲張るとアレですね(^_^;)



翌日は??

P9070063

風もなく、べた凪で、とっても平穏な海面ですが

ん〜〜〜なんか海の色が緑色っぽい。


この二日目、少し遠くを探検しようと、左の岩場をスポンと抜けたのだけど

おーーースゴイ流れ

P9070065

ウミシダ飛んでいきそうな勢いで、

思わず

DSC_1380

なんちゃってドリフトダイブになってしまいました。

この大きな流れの影響で、ビーチからは渦巻いた逆流の流れ

ビーチに戻るのにも一苦労で、足腰のいい運動です。

運動不足にはイイな〜〜(笑


なるほど、↓がっつり潮目が出ておりました。

shiome

この流れのおかげで、前日に柏島とか安満地のログで透視度10〜12mと報告されてた

濁りがドカンとこっちに来たようです。

この二日目の透視度8m

残念でした!!


ということで、ほぼ平穏なここバァ浜も、たまに大きく流れます。

実は、バー浜初心者の頃にビーチから真っ直ぐ砂地を探索して帰ってきたら

全く見覚えのないところに浮上してしまって、ヤバイと思ったことがあります。

遙か彼方の2ビーチ分も先に流れてました。

ものすごく焦るし、ものすごく帰るのしんどいので、お気を付けください(^_^;)




1日目、見晴らしがよかったので目印の写真を撮りました。

今回は少しTIPSを交えます。

左方面のジョーフィッシュ(四角カゴ)へ繋がるロープですが

浅い方の端っこは、こんな感じでゴミっとしていて、見つけやすいと思います。

P9060019




ここから深い方へ目をむけると、あとは↓ロープが 案内してくれます。

P9060020



ちなみに、左方面マップの四角カゴとアンカーの距離感はこんな感じ

P9060023

 
この四角カゴからロープをたどって行って、ジョーフィッシュを見ると

こんな感じでおります。

左上のお母ちゃんは、いつもロープの向こう側だったんですが

今回の台風で位置がかわりました。

お父ちゃんと同じ方に現れてます。

P9060025

右下手前の岩陰から写真を撮ると、かなり寄れます。

P9060027


いつもは、この岩陰撮影なのですが

今回は、真上からにチャレンジしてみました。

えーとですね、、、

真上はカワイクないです。 オススメしません笑

DSC_9085

 
あと、今回割と皆ニョキニョキ出てたのですが

出てるのもカワイクないので、オススメしません笑

引っ込めてから撮影しましょう!

DSC_9098

ジョーフィッシュを愛嬌良くカエル風に撮るのって難しいですね・・・

 

そうそう、今回訪問の大事なご報告。

台風12号で、あのミジンベニハゼが流れてしまってないか、生存確認

DSC_9260

はい!無事でした! 嬉しかったな〜〜♪

ビンに住んでるのも、潰されたカンに 住んでるのも、合計4つ無事です。

 

右方面のアカオビは、ちょっと元気ないですか?

DSC_9273



右方面、たまにタルミがいることがあるのだけど

これは何タルミでしょう?

DSC_9195




二日目はニゴニゴなので、ちびっ子専門でパパラッチ。

DSC_9328

まだまだ、ちっこいクマノミがいっぱいいますよ!



そしてコレ、何かいるよね?

P9070069


いました! アミメハギのちびっ子軍団

萌え〜〜〜

DSC_9463


ちっこかわええ〜〜〜!

もうこんなん大好きで、たまりません。

DSC_9473



そしてコレにもちらっと影が見えたぞ

P9070070


一生懸命に隠れてる??

家政婦は見た!ごっこしているようです。

DSC_9491

ねばりっこしましたが、ぴくりとも動かずカシコイ君です。

あーもう空気ありません。


流れでゴハンがいっぱい飛んでたんでしょう。

ネジリンボウも、いっぱい飛んでパクパクしてました!

DSC_9377

 

それと、友人からこんどの3連休にビーチの案内を頼まれましたので

浅場で楽しめるシコロサンゴの群生の位置を確認です。

P9070056

ここはお魚モリモリでちょっとトロピカルです。


ロープ位置とか少しかわったので、左方面マップ更新してます。

(日付修正できてません)

L_MAP




それと、このビーチ名の由来であります、おばあちゃんが

足の具合が悪いらしく入院リハビリ中です。

早く元気になって欲しいと、心からお祈りしています。


    • 2 Comment |
    • 0 Trackback |