2011年05月21日

バー浜(バァ浜)への道案内とお約束



最新バァ浜ご利用のお願いです。


───────────────────────

バー浜ご利用時のお願い

───────────────────────

バー浜を利用されます際に、下の駐車場ではなく
上のスペースに駐車されました場合も
1台300円をおさめていただけますよう
お願いします(^^)

設備、トイレ、水道費など必要経費や、いろいろな整備には結構かかります。

Yamamotoさんがご厚意で提供してくれていますので
皆さんよろしくお願いします(^^)

※タンクはダイビング三浦さんで借りていただき必ず漁協協力金を納めてください》》


───────────────────────

ミジンベニハゼ観察時のお願いですm(_ _)m

───────────────────────

ONDさんとAKIちゃんが、ミジン君の最先端ハウス設置に成功しております♪
コーヒー瓶の蓋をあけて、卵たちと一緒に観察撮影できるという、バー浜では革命的なスポットとなりました。
お二人が冬のあいだ毎週コツコツと仕込み、メンテナンスもしているとっても愛情のこもっているものです♪
バー浜の宝として皆で守ってくれると嬉しい!!
(人に紹介するときは、方法も周知してください)
───────────────────────
【観察&撮影方法です】
”啌犬呂なず閉じること
瓶を針金から外しても戻すこと(転がり移動しない仕掛けです)
I咾琉銘屬鷲ず元の位置に戻すこと
(ペンキ印の通り、角度と方向を元のとおりにしてください)
(※変化があると卵を放棄していなくなってしまいます)
ざき瓶は掃除して綺麗にしてあげてください
ゥップリングするまでは撮影しないこと
(1匹の時にビンに触ると出て行く可能性が高くなります)

いろいろご意見あるかと思いますが、
よろしくお願いしますm(_ _)m




────────────────────────
こんなお約束(ルール)どうでしょう?
────────────────────────

最近、立て続けに貴重なネタをビーチで教えていただけました!
ありがとうございます(^O^)
何かを探しだすって、すごい時間と経験とパワーが必要なのを知っています。
ジョニーの場合、教えていただいた生物のポイント情報を更に人へお伝えする時、
感謝の気持ちを込めて、教えていただいた方を必ず明確にするようにしています。
FBやブログなどで写真掲載するときも礼儀としてネタ元を紹介させていただきます。

皆さんもこのルールを導入されませんか?
このお約束をいただけると、教わった事もお伝えしやすいのだけどな〜?(^O^)
譲り合いの気持ちと同じように、なんか皆が温かい気持ちになれる気がする(^^)
分かち合いには、それなりの筋も必要に思います(^^)

───────────────────────






 


──────────────────────────────────

バー浜を利用するにあたってのお願い(基本編)

──────────────────────────────────


ここ通称バー浜(バァ浜)は、
個人のお宅がご厚意で提供してくださっている場所です。

しかし、

渇水で水不足の中
水道水をかけてふざけ合ったり
個人のお宅の近くや奥の方で、大騒ぎしたり


せっかくのご好意にたいして、
たいへん悲しませてしまう事態が発生したことがあります。

ご商売でされているわけではなく
普通なら静かに生活されるべき環境に、
我々はお邪魔しているわけです。

その上、
お父さんには
・ビーチへ降りる道を整備いただいたり
・ビーチの階段を整えていただいたり
・ビーチのゴミまで整理してくださってます。

こられる人の多そうな時には、
一台でも多くクルマが駐められるよう
ご自分のクルマを、わざわざ遠くまで駐めにいかれてます。

このようなとても温かい気持ちに
当たり前のマナーと感謝の気持ちを表して欲しいと願っています
m(_ _)m


ただ、この場所へ何もわからず連れて来られた人は
そんな事情などわからず、悪気のない迷惑をかけている場合もあるかと思うのです。

サークル・ショップさんなどで、リーダー的立場の人は
ぜひ、お連れの方に
ビーチまで至る場所が全て個人の一般的なお宅で
普通に生活をされている事
個人の方の温かいご好意で使わせていただいている事を
お伝えいただけたらなと思っています。

特に新しくご商売でこられるショップさんは、
お連れのお客さんへの周知をお願いできたらと願っています。


車は南側に3台、北側に3台駐めさせていただけます。
特に民家とビーチへ抜けられる北側は、通路の関係で詰めていただく必要がありますので、北側に駐められる方同士、相談し合ってつめて駐車してください。

(混み合っているシーズンは車両サイドと車両の間にピクニックテーブルなど設置しないように。新しく来られるショップ様など、お客様へのサービスのお気持ちも分かりますが、皆よりヒンシュクをかいませんように(^_^;) )

 


※駐車料金は1台300円です。
駐車場からお家へ進み、真正面の軒下に小さなポスト型貯金箱がくくってありますので投入しておいてください。








 
────────────────────────────────────────

また、海を楽しみに来た者同士、
気持ちのいい挨拶と、ゆずり合いの気持ちが
素敵な一日を作り出してくれると思います。

あと、海の暗黙のルールといえば、地元の方優先です。
釣りや素潜り漁、たまに海水浴などされる方もいらっしゃいます。
できるだけ、お邪魔にならないよう、心配り・気配りができて
みんな仲良くできると思います。

もちろん、往復の道路でも、遅い軽四トラックとか目くじらたてませんように(^_^;)
地元優先の気持ちが大切かもです♪



───────────────────────
バー浜(バァ浜)への道案内です。
───────────────────────


<四国は高知県→足摺方面→大月町→(龍ヶ迫)竜ヶ迫白崎 (柏島の少し手前)>



四国近畿マップでの位置では、四国の南西っこになります。

バー浜地理

まず海にかなり興味がないと、一生行くことの無い場所かもしれません(^_^;)

───────────────────────

ここバー浜は、超マクロ派ポイントです。
じっくり観察したい、深く掘り下げたい肌の方向きです。

───────────────────────



どの方面から来られる場合も、四国は高知県の宿毛市を目指してください。

とりあえずナビを設定する場合は、さらに大月町の大月町役場を目指すといいです。 


 
大月町役場周辺からのマップを掲載します。

map1






バー浜(バア浜)への道案内:

大きな釜のある交差点を、足摺岬・柏島方面へ進むと

道路標識で、橘浦・泊浦への案内がありますので

宿毛方面から来た場合はT字路を右折してくさい。

(警察駐在所を示す看板もあります)


(このT字路を曲がらずに直進すると、左手に最後のコンビニ(スリーエム)があります)

T字路A地点の写真(コンビニ方向から引き返してきた場合の写り

A


T字路を曲がって、少し進んで風車が見えてきたら正しく進んでます。

T字路からバー浜までの所用時間は、のんびり走りで約15分です。
fusha


しばらく対向2車線の道を進んでください。


そうすると、少し道に迷う地点△謀達します。

2

ここから補足なりますが、直進です(右折しないように)


正しく進んでいれば。

地点の小さなマリーナを通過します。

3

ここは路駐が多く、釣り人の往来も多いので、ゆっくり気をつけて走ってください。


マリーナを抜けて、少し走れば

いよいよ分岐路の地点い捻折です。

4

ぐーんと山に向かって登っていきます。

4-1

対向できる場所が限られる、細い山道に入っていきます。

4-2

ゆっくり、のんびり登っていってください。

ヘッドライト点けた方が安全と思います。

山道は、ぼちぼち長いですが、

木の間からチラッと海が見えだしたら、ビーチはもうすぐ。



到着地点のBは、車がUターンできるくらいのバス停留所です。

B

ぐるっと回って、さらに細い道を民家(おばあちゃん家)に向かって降りていきます。

停留所の看板があります。

e737fc23









ここから先は、以前ご紹介のログをご参照ください。

1.高知県→幡多郡→大月町→竜ヶ迫白崎@バー浜

セルフダイブポイント紹介「バー浜(前編)」

セルフダイブポイント紹介「バー浜(後編)」


2001年08月08日

バー浜でのタンクレンタル

ダイビング三浦さん(タンクレンタル)への道案内

<四国は高知県→足摺方面→大月町→(龍ヶ迫)竜ヶ迫白崎 (柏島の少し手前)>



四国近畿マップでの位置では、四国の南西っこになります。

バー浜地理

まず海にかなり興味がないと、一生行くことの無い場所かもしれません(^_^;)



どの方面から来られる場合も、四国は高知県の宿毛市を目指してください。

とりあえずナビを設定する場合は、さらに大月町の大月町役場を目指すといいです。 


 
大月町役場周辺からのマップを掲載します。

map1


空気タンク(ボンベ)をレンタルする場合:
 
宿毛市内から、足摺岬・柏島方面を目指して走ってくると

,涼賄世如大きな釜が交差点角にあります。 これを右折してください。
(道路拡張工事中で景色が大きく変わっています)

miura

すこしばかり走れば、すぐに右手に「ダイビング三浦」さんがあります。



(初めてボンベをレンタルされる方は、ジョニーのブログを見て

連絡先をしった旨を伝えると、話が早いかもしれません




「ダイビング三浦(みうら)」さん

住所:高知県幡多郡大月町弘見1024−20

TEL:090−7621−5912


タンクレンタル費は、1本1,350円

漁協への協力金150円/一人日(三浦さんが漁協へ納めてくれます)


スムーズに予約(レンタル)するために

まずは下記内容を伝えましょう。

(基本的に、三浦のお母さんが電話も貸し出しも対応してくれます)


・初めてお電話した旨。

・○○県の○○(氏名)で、バー浜に潜りたいのでボンベをレンタルしたい。

・○月○日の○時に伺うので、○本をお願いしたい旨伝えてください。


当日伺ったら

しっかり身元を証明してもらった方がいいと思います(^^)

できれば、免許証と名刺、Cカードのコピーを用意してお渡ししてください。



三浦さんも、初めての人へ安心して貸し出しできるのではないでしょうか?

(初めての人に高価なものをお借りするわけですから

このくらいは、こちらから気を効かせた方が良いと思います)



DSC_3218




事前に予約をしてから、取りに伺ってください。

タンクはアルミタンクになりますので、ウェイトは多めに持参しましょう。

このミウラさんの道から海岸方向へ、そのまま進行してもバー浜(バア浜)には

行き着けるのですが、クネクネ道が長くなりますので、時間がかかります。


できたら、先ほどの大きな釜まで戻って、右折してください。