2009年06月28日

フィンが見つかりました(ToT)

前回、牟岐でフィンを無くしましたが

4日後にショップさんから電話がありました

もしかして!?

「フィン見つかりました〜〜!」

おぉ〜めっちゃ嬉しい! 3万円ちょっと助かった


お礼をかねて、フィン受け取りダイブに牟岐へ再びGOGO

IMG_0473

空は曇り時々小雨、どよーーん



しかも、海の中は特別濁ってるらしい

カメラのレンズとポートをワイドからマクロに変更しました

潜ってみると、ほんまスゲー濁り

今回の濁りは、春頃に大粒濁りではなくて、誰かがめちゃくちゃフィンキックして、パウダー砂を巻き上げた感じ

5メートル離れたら、もう全く何も見えませんでした・・・


今回もガイドさんは非常勤さんでしたので、皆で探すスタイル

クマドリカエルアンコウがいるというので、大捜索しましたが残念でした

かわりに、一緒に潜った煙突屋さんが真っ黒カエルアンコウを発見

せっかく見つけてくれたけど、150ミリマクロレンズなので

離れても、こんなのしか撮れませんでしたw

DSC_0002


ほんと、今回もな〜んにも見つからず

唯一まじめに撮ったのは、ゾウゲイロウミウシだけでした

DSC_0010

いや〜ほんとすばらしい濁りでいい訓練ダイブな感じでした!


ちなみに、昼からはピーカンの快晴に
IMG_0478

牟岐のお天気は激しいと最近思いつつある

海はめずらしく、午前も午後も凪でした


次週は久しぶりに一人セルフダイブでじっくり潜ろうと思います

2009年06月17日

柏島が青いらしい


お〜〜〜っ

柏島の海がとうとう、青いらしい

行きたい・・・




2009年06月15日

牟岐ダイビングでフィン無くなる・・・

ウェイトの忘れ物をしていたので
取りにいかないと!ということで、久々の牟岐へダイビングに行きました
が〜〜
フィンを無くしましたw
しかも、お気に入りのバイオフィン(涙

どうしてなくなったかというと
元気にジャイアントストライドエントリーしすぎたようです

だって、船が大きくて、エントリ口も半端な高さがあってやね

ジャンピングエントリーしたわけです

ザブーンと入って、カメラ受け取ろうとフィンキックしたら

あれ? スカスカ?

片方ない?

急いで海中を見渡すも、3時近くで曇り

海の中は暗く、フィンも真っ黒なおかげでぜんぜんどこ行ったか見えない

あ〜あ〜


結局、どんだけ探しても見つからんもんですね〜〜〜


しょうがないよね・・・

バイオフィン高いよね・・・

bio-finprosp

こんどのバイオフィンは脱げても見つかりやすいように

bio-fin

オレンジ色を注文したw

次は絶対見つけるぞ!

え?脱げないようにそっとエントリーしろって感じですか?w

いやいや、次見つからなかったら今度は黄色にします




えーと

本題の海の中はというと

めぼしいモノは何もいませんでしたw

牟岐はこのパターン多いですね

まったり海中ドライブした感じ

非常勤ガイドさんだからしかたないです

クラブノア牟岐はこの日もショップさん受け入れが多くて超混みでした

水温は22度くらい、少し濁ってるくらい(まだましです)

DSC_0022

イサキの群れ


いつものガイドさんじゃなかったので、きっとマクロはないだろうと思い

せっかくワイドに急拠付け替えたのに、あまりに撮るものなくて

DSC_0015

オニヒトデwww



ショップ前のビーチで講習もしてました

DSC_0076

このビーチ

ウミガメが産卵しにきてるんですよ〜

今年は、子亀が海に帰るところ、ぜひ見たいなって思ってます!


忘れ物を取りにいって、えらい損失をしたダイブでしたw

で、またお気に入りの長袖Tシャツ忘れてきたし・・・

2009年06月07日

矢井賀ダイビング(高知県)

おばあちゃんちにセルフダイビングに行く途中

矢伊賀ダイビングという標識がある

気になる

なぜ気になるかというと、もしかして近い?

楽にダイビングしたい時にイイかもということで行ってきました!

香川県の高松からだと、時間的には徳島県の牟岐に行くより近かった

ほとんど高速で、高知道、須崎の終点降りてから30分ほど

ほぼ制限速度で走って2時間半ジャスト

飛ばしやさんだったら、2時間かからない感じでしょうか

渋滞もノロノロ運転もほぼないので、ほんと楽だ

帰りも徳島県のような渋滞がないので、とっても早い

めちゃめちゃ楽チン

お世話になったのは「矢井賀ダイビングサービス」
DSC_0087

トレイはまだ新しいのが3つ(1つはバリアフリー対応)
シャワーは野外が1つ、屋内が2つ
DSC_0084

堤防の上にあるテントスペース?自然の中の眺めがよくて気持ちいい
ボートは階段降りてすぐ(傾斜が強くてちょっとキツイかな?)
DSC_0088

ショップの人は1名だけなので、基本的に自分の事は自分でするスタイル

2ボート、ランチ付きで12600円

海の中はこんな感じ






今回、太平洋にしては凪だったのだけど、海中は結構激しめ

少し沖側ポイントは、ボチボチ流れがある

岸に近いポイントも、ウネリ流れが強い

もっと流れが強いと、大物が多くておもしろいらしい

これからの6月後半からお楽しみにとのこと

自分の事は自分でしなければいけないのと、

海中では結構移動距離多い(待ってくれない)

流れもある

という事で

矢井賀は、初心者には厳しいかも?と思うポイントでした


逆に、ゆる〜い感じがいいかも

安満地(高知県大月町)の、うみほたるよりユルイ

ショップについて「こんにちは!○○です」って言ったら

「○○さん、今日でしたっけ?」っていう感じw

結局、ダイビングで必ずある書類の記入もナシ

スキルや希望を聞かれることもナシ

ん〜楽だw